〈暮らしの中の看取り〉準備講座とは?

「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」は2014年10月から広島県廿日市市で始まった市民講座です。日頃考えることを避けてしまいがちな「看取りとは?」を自分事として考え、これから地域で療養する人が増えるであろう「がんのこと」や「認知症のこと」を学びながら、地域で最期まで安心して暮らすために自分たちにできることは何か?を考えてきました。

〈暮らしの中の看取り〉準備講座では
①看取りとは?
②がんのこと
③認知症のこと
④食べることの意味
⑤聴くこと
を5つの柱に掲げて学びを続けています。

この講座の内容は「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」(中外医学社 2017年)に紹介されています。

この学びを活かして、地域で「聴くこと」と「食支援」を具体的な活動目標に挙げ、実践に向けての準備をすすめています。

「食支援」の具体的な活動として、2017年10月から「介護レストラン」(1年に1回)を開始、2019年2月より「食事の困りごと相談コーナー」(毎月20日)をゆめタウン廿日市レストラン街に開設しました。

「聴くこと」の具体的な活動として、「がんよろづ相談」を随時受け付けており、2018年12月から「お医者さんのお茶っこ」に参加しています。
「介護レストラン」や「食事の困りごと相談コーナー」の場でも、ご本人やご家族の思いに耳を傾けること、アドバイスの前にまずはじっくりお話を聴くことを大切にしています。

自分の人生の終い方について語りたい、聞きたいという人が増えているように感じます。
各地で開催している〈暮らしの中の看取り〉準備講座は、自分の人生の最期の時間の過ごし方について考え、言葉にし、語れる場所です。
どんな場所で、どんな風に過ごしたいのか、医療はどこまで希望するのかなど、エンディングノートを書く人もいます。
これまでアドバンスケアプランニングと言われていた内容は「人生会議」と名称が変更されました。
この人生会議のお手伝いを、はつかいち 暮らしと看取りのサポーターの活動に取り入れることも考えています。